手がかかる子ほどかわいいとはいいますが。

新しい事務所で仕事をはじめて一月半たちました。
新たに私の日課になったことがあります。

それは、、、お祝いでいただいたグリーンのお世話です。
フィカス・ベンガレンシスは手がかからない良い子ですが、
気を使うのは胡蝶蘭!
年始からずっと綺麗に咲いているので、少しでも長く咲かせたいと日々奮闘中です。

霧吹きは午前中に、花や葉の裏側から。
水やりは、根元が完全に乾いてから一株ごとにコップ一杯づつ。
など、ネットで調べては日々実行中。
新しい蕾も開いて、ますます愛着がわいています。

まめまめしく世話していたのに、、

なんと

なんと

なんと

胡蝶蘭のまわりにコバエ発生。

怪しい鉢の水苔をどけてみると、、根っこがおもいきりカビておりました。
水はそんなにあげたつもりはないのに。これでも多かったのか。。

とりいそぎ水苔を全部はずし、だめになった根を切り落とし乾燥中。

この写真の中に、根っこ治療中の胡蝶蘭が混ざっています。どれかわかりますか?

根っこが空中でもこんなに綺麗に咲いている。
おまけに蕾まで開いてきました。・・・
デリケートなのかなんなのか、胡蝶蘭は不思議です。

YouTubeで今後の対処法をせっせと研究中。
そろそろ次の対策をしないといけません。

花の世話ばかりでなく、本業もちゃんとしております。
お近くにお越しの際はお気軽に事務所にお立ち寄りください。
🍅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です